China made pads for ULTRASONE Edition 8

友人から教えてもらった、ULTRASONE Edition 8用のパッド。中国の職人による手作り品で素材や硬さをカスタムオーダーできるとのことでお願いして作ってみました。素材は雑多に使える様に皮脂に強いフェイクレザー(PUレザー)で、具材はオリジナルに近い硬さのパッドの構成。金額はペアで約180元(約3,000円)。

届いたパッドはなかなかの完成度。流石にオリジナルのエチピアンシープレザーに比べればややチープさは仕方ないけれど、必要にして十分です。オリジナルと同じ様に両面テープで固定できるとありますが、パッドのサイズがほんの僅かに大きいのでオリジナルのようにハウジング内側に入りませんでした。仕方ないのでケブラーシートを切り出してスペーサーを作って貼り付けました。

肝心の音質についてはオリジナルよりややモタッとした感じ。吸音しちゃっているかもしれません。ただ、聴けないレベルでは無いのでしばらく使ってみることにします。

, , , , ,

Headphone customize

使い込んでガタガタのULTRASONE Edition 8 Rutheniumをオーバーホールした。ヘタったパッドは、純正のエチオピアン・シープスキンレザー・イヤパッドだと日本で3万円くらい掛かってしまうので、本国ドイツから仕入れることに。とはいえ送料などを加えれば日本で買うより、ほんの少し安いくらい。そんなことを考えていたら、社外品の交換用パッドを使える様にすれば良いじゃないかということでアタッチメントを自作。YAXIのSTPADシリーズが最も近いサイズ感なのでそれをターゲットにした。このパッドはペアでも数千円程度なのでガンガン使えるのが嬉しい。最終的には、STPAD2が最も良い結果だったので採用。パッドが選べるってのはとても嬉しい。ちなみに発注したオリジナルのパッドは保管しておく。

エントリの続きを読む

, , , , , , ,