Headphone customize

使い込んでガタガタのULTRASONE Edition 8 Rutheniumをオーバーホールした。ヘタったパッドは、純正のエチオピアン・シープスキンレザー・イヤパッドだと日本で3万円くらい掛かってしまうので、本国ドイツから仕入れることに。とはいえ送料などを加えれば日本で買うより、ほんの少し安いくらい。そんなことを考えていたら、社外品の交換用パッドを使える様にすれば良いじゃないかということでアタッチメントを自作。YAXIのSTPADシリーズが最も近いサイズ感なのでそれをターゲットにした。このパッドはペアでも数千円程度なのでガンガン使えるのが嬉しい。最終的には、STPAD2が最も良い結果だったので採用。パッドが選べるってのはとても嬉しい。ちなみに発注したオリジナルのパッドは保管しておく。

固定式ケーブルを最新のEdition 8 EXでも採用しているLEMOコネクターに換装。やはりオーバーサイズヘッドホンだと、MMCXではちょっと不安だし周囲で接触不良も多く聞くので。だけど、まだまだマイナーなコネクターなので単価が恐ろしく高く、1ペアでビックリ価格だった…。換装はポン付けではなくて、あちこち削って調整して何とか収めることができた。ケーブルについてはバランス接続をしたかったので、自分の中でベストだったオヤイデのオーグライン+プラチナで自作した。

ヘッドホン本体については可動部分は分解してアジャスター部分にタミヤのフリクションダンパーグリスで適度な抵抗感を追加。イヤーカップ台座はマウントとして代用しているケーブルグロメットを新品に交換。すり減ったナイロンブッシュの表裏を入れ替えて再度固定し直した。固定ビスにはネジロック材でしっかりと。イヤーカップとアームの干渉部分には薄いスポンジシートが貼ってあるが加水分解でボロボロなので、マイクロファイバーに両面テープを貼った物に換装した。

一通りの作業を終わって聞いてみると、もうまるで別物。Edition 8ってこんなに凄かったんだと改めて感動。しばらくはこの構成で使います。

   

, , , , , , ,

Oyaide Ag Line+pt special cable

先日の作業に続いて、イヤホンのケーブル自作。今度は、同じオヤイデ電気のハイエンドシリーズであるオーグラインのプラチナをチョイス。先日の102SSCと比較して1m当たりの単価が約8倍(10m購入した場合)なので、流石に8本編みは厳しいので4本バランスで製作。PVC皮膜なのでケーブルどうしの絡まりが酷くて編むのに一苦労。また編んだ後はケーブル同士が絡んでしっかりしてしまうため固めな印象。この場合は緩ーく編むか、編まずにチューブで囲ってしまうかが良さそう。

エージング未完了だけれど聴いてみて中高域の解像度の高さにビックリ。102SSCが低域が豊かになったけれど、オーグラインでは全体のレベル感が数段上がった印象。良く聴く曲を色々と聴き直してしまった。解像度の高さゆえにマルチBAユニットだとちょっとカリカリした音色になってしまうかも。いずれにせよ、ハイレゾ音源を聴くなら確実にメリットがあるケーブルなのは間違いない。流石にコストに見合った効果だと思う。逆に言えば102SSCはあの価格で良くあのレベルまで鳴らせるなと改めて感心した次第。

, , , , ,

Strong tweezers

工作作業で使うピンセットを新調した。ひとつはホーザンのPP-105。極厚ショートタイプで掴んだ対象物を離さない。力を入れても撓まない厚みなので、プリント基板にワイヤーを張る際や曲げ加工をするなど超小型プライヤー的な使い方もできるので便利。

もうひとつはPP-103。こちらも厚みのある仕様だが先端はストレートタイプ。でも、先端幅を1.2mmとワイドにしてある。これはチップ部品をしっかりホールドできるから。先端幅が0.5mm以下だと、力の入れ具合でチップが回ってしまい位置決めができないから。極小部品については手作業ですることもあまり無いので、これくらいで十分。意外と厚みのあるフレームのピンセットってお手軽価格では売っていないので、ホーザンのこのシリーズは重宝する。淘宝でだいたい110〜120元くらいなので、日本で買うのと大差はない。

   

  

, , , ,