MOSSLIAN Keyboard guard mat

7年近く使った会社支給のMacBook Air 13″(Mid 2012)が、もう色々とガタガタだったので買い換えてもらった。多くの出張で酷使されてノートのメリットを最大限に活用したと思う。その経験で今度はMacBook Pro 16″にした。あくまでも自分の場合だけれど外出先での画面は広い方が絶対。重いのはガマンできるけど画面狭いのは苦痛。ストレージも最初から1TBにした。本当は2TBが良かったけれど予算もあるので。

そんなわけでピカピカのうちにキーボードクロスを買った。と言っても専用品ではなく汎用品。netovenのsyuさんのところで紹介されていたMOSSLIANのやつがピッタリとのことで、それを購入。3枚も要らないけれどね。まぁ予備です。MacBookシリーズってキートップとディスプレイのクリアランスがほぼ無いに等しいので、持ち運ぶとほぼ間違い無く画面にキートップの痕が付いてしまう。ディスプレイが表示されていれば気にならないけれどオフになると目立つから。

, , , , , ,

7Artisans 55mm/f1.4 Lens

最近周囲で、7Artisansのレンズがなかなか良いという話を聞くようになった。このメーカー、中国深圳の会社で中文では七工匠と書く。一時期LeicaのMマウントレンズで話題になっていたが、興味が無かったのであまりチェックをせずにいた。FUJIFILM X-Pro1で常用のXF18mmF2も、そろそろ飽きてきたし他に良いレンズ無いかな?でも、高額のはちょっと厳しいな…と思っていた矢先だったので、メーカーWEBを見てみるとXマウントも用意されていて、なかなか面白そうなラインナップ。

ちょうど12月12日は淘宝のバーゲン「双12」だったので、価格を確認すると安いのは25mm F1.8で300元(4,700円)。35mm判換算で焦点距離76mm相当の中望遠になる50mm F1.8も限定で360元(5,600円)。気になる55mm F1.4で680元(10,600円)というビックリ価格。深圳の日本式居酒屋で食事をした程度の金額でレンズ1本だったら、買っても良いかなと思い購入。ちなみに深圳のバーでワイン飲むと700〜1000元/本だから、そう考えると恐ろしく安く感じる(苦笑)

注文した翌日の午前中には届く相変わらずの超絶速配で、もうなんとやら。箱も「らしい」し、レンズはちゃんと金属筐体で各部の作りは想像以上にしっかりしていた。各操作系も適度なトルク感で個人的には上々。絞りにクリック感が無いのは安価なビデオレンズを思わせるが、大した問題じゃない全然アリだな。

さて、時間つくって撮影へ行くかな。でも、しばらく夕飯はローカル屋台で15元の炒米粉で凌ぐことになるなぁ。

  

, , , ,

Logic board in the picture frame

随分前からやろうやろうと思っていて、全然出来ていなかったロジックボードの額装をした。以前にサンフランシスコのコンピューターミュージアムで見た、ロジックボードの額装を見て自分でもやってみたかった。額装したのはMacintosh Plusのロジックボード。ちょうど、10月5日はスティーブ・ジョブズの命日だったので。本当は初代Macintoshのボードが良かったんだけれど、稼働する実機を1台しか持っておらず、流石に分解してまでは勿体なかったので、ストックの沢山あるPlusになった。まぁ、パッと見は似ているので(実際はインターフェースなどが異なる)。作業はやってしまえばあっと言う間。数時間で完成した。

, , , , ,