常備カメラとして大体カバンに入っているRICOH GR。同シリーズはフィルムの頃から愛用していて、これはAPS-Cセンサーになった初代モデルを2013年から使っている。

ケースを使わずにカバンに突っ込んでいるせいかセンサーに大きなゴミが数個、シャッターボタンが引っかかるなどの問題が溜まってきたので、日本滞在中にメンテナンスとシャッターボタンを軽くするカスタムをリコーイメージングスクエアに依頼した。センサー清掃だけならば当日返却らしいけれど、結局1週間程度の預け作業となって海外移動日の前日に受け取ることに。仕上がりは満足の行くレベル。次は加水分解してきた外装の貼革部分の交換かな?これは自分でできそう。スマートフォンで撮ることが多くなったけれど、やっぱりセンサーの大きなカメラは良いよねっということで、またしばらく働いてもらいますよ。

 

, , ,

LEICA M

製品の企画などで某所にて歴代デジタルLeica Mシリーズを揃えて使って、あれやこれや。全機種触ったのは久しぶり。最新のM (typ240)って結構重いのね。SUMMILUX f1.4/24mmとか付けると見た目以上にズッシリと重い。Leica Mのフットワークの良さって銀塩で活きるのかなぁ?バランスで言うとデジタルではM9-Pが一番だった。

  

, , ,