トラックボール生活に戻るKensington Trackball

ポインティングデバイスをMighty Mouseからトラックボールへ入れ替えた。

そもそも、自分はトラックボール派だった。Mac Plusの頃からKensingtonのトラックボールを使っていた。それがいつの間にかマウスを使っていた。理由はスクロールなどの作業があるとMighty Mouseのようなデバイスの方が便利だということ。トラックボールだと、構造上なかなか難しい。しかしなぜ今回導入したのかというと、その問題がそこそこ解決されたから。

そのトラックボールはKensington社のSlim Bladeというモデル。薄型ながら、あのビリヤード球なみの大きさのボールが装着されている。それでいて「マルチファンクションボール」と呼ばれる機能が加わり、ボールを横方向に回すことでスクロールに対応しているのだ。キーボードのShiftキーを押しながら操作すると横方向スクロールも可能。

また、センサー周りやボール受けも改善されて、高速操作をした際にボールが外れるというトラブルも大幅に減ったそうだ。

それともうひとつ。ちびこさんにマウスを落とされる心配がなくなるってのもある。Mighty Mouseは会社で使うことにする。

ちなみにこれ、ヨドバシで買おうと思ったら14,000円くらいする(ポイント還元10%)。Amazonだと下の通りなので、そちらの方がオススメ。


, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now