近所で撮影会をする午前中にTwitterで呟いていて突発的に決まった撮影会。同行メンバーは東松山会某猫氏
行き先はどうしようかと考えていて、何の気なしに決めた埼玉県小川町。これといって写真的な要素は少ないので、とりあえず仙元山見晴らしの丘公園へ。

Nikon D700 + Ai AF-S Zoom-Nikkor ED 17-35mm F2.8D (IF)

ここの名物が、全長200mを超えるローラー滑り台。まずはこれに乗らねばということでメインの子供に交じっていい歳したオッサン2名が張り切って乗ってみる(笑)接地面がローラーなので、工夫次第ではスピードが出る出る!!大笑いしながらシャッターを切り続けた。ローラーの摩擦熱が凄いので、尻の下には段ボールが必須なのだが、4枚くらい重ねて滑ればかなりの速度で下れるに違いない。次回はさらなるスピードアップを期待(って行くのか?)

Nikon D700 + Ai AF-S Zoom-Nikkor ED 17-35mm F2.8D (IF)

問題のローラー滑り台を引いて見るとこんな感じ。高低差もあるし、結構長いのだ。大人も子供も十分に楽しめると思う。ただ200円はちと高いな。あ、子供は100円だ。

Nikon D700 + Ai AF-S Zoom-Nikkor ED 17-35mm F2.8D (IF)

雑木林で撮影しつつ駐車場あたりをウロウロしていると寒桜が咲いていた。普通の桜と比較して小さい花。しかし確かに桜。マクロレンズを持ってこなかったことを激しく後悔。

山を下り、ふもとにある道の駅でマッタリ。地元の特産品で作った唐揚げ串とか串カツが格安で絶品。美味しゅう頂きましたぞえ。高速道路のサービスエリアだったら2〜3倍の価格は取られるハズ。これは当たり。

Nikon D700 + Ai AF-S Zoom-Nikkor ED 17-35mm F2.8D (IF)

で、マッタリ後は道の駅に併設されている埼玉伝統工芸会館へ。埼玉県小川町は和紙でも有名なところ。あちこちに和紙の工房があって、見学や体験ができる。ここもそうだが、当日は既に終了。作業場を片付けているところを見学させてもらったが、結構いろいろと作業があることは十分に理解できた…って過去に一度やったことあるな…自分。

Nikon D700 + Ai AF-S Zoom-Nikkor ED 17-35mm F2.8D (IF)

ここではそれら和紙で出来た物も紹介している。例えばダルマ。そう、これも和紙だ。写真左の木型に和紙を貼り付けていって、右のような形状に仕上げていくのだ。あ、FRPなどの成形と同じだねぇ。カーボン製のダルマとか欲しいかも。

Nikon D700 + Ai AF-S Zoom-Nikkor ED 17-35mm F2.8D (IF)

これは色のついた和紙で作ったランプシェード。和紙独特のムラが良い感じの灯り。粗めの繊維で素朴さを出した上に、間にホンモノの野草や花びらを挟んで模様を入れている。ちょっと欲しくなったが、いったん考えるために保留。紙だけここで買って自作した方が安上がりかも。中身は針金と裸電球だからね。高さ4-50cm程度のものなら1万円前後から。

Nikon D700 + Ai AF-S Zoom-Nikkor ED 17-35mm F2.8D (IF)

鬼瓦も作っているらしい。サンプルがあったが良い表情している。焼きの仕上げなのか色味といい質感といいメタルチックな感じが良い。

今回は適当なユルーい撮影会だったのだが、それなりに撮る物はあったし練習にもなった。写真は撮らないと上手くならないので、まぁ適当にこういうことをやっていくべし。しかし、もはや標準レンズは使わないな。撮影目的でレンズを選択できるようになったから。そろそろ資金源として売却するかね。AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)を買う人っているかな?。手ぶれ補正機能(VR)付きフルサイズ対応のEDレンズ。使用頻度低。元箱に保証書(10ヶ月たっぷり残ってる)予備の新品フード付き、45,000円(送料込)で。

, ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now