MC218を修理する

MC218を修理する某氏の依頼だったMC218が本日ようやく到着。
早速明けてみると確かに起動しない。

まぁ、深く考えずに開腹してみると、バックアップバッテリの金具が外れていて、ロジック上で暴れていた。お陰でキャパシタやレジスタなどが破損したりショートして焼けていたので、それが原因で起動しなかったものと思われる。

手元にジャンクロジックがあったので、そこから部品を拝借してチップ部品をちまちまとハンダ付けして完了。元通りに組み立てると写真のように立派に起動した。それと折角なので、表のEPOCシールなども新品に貼り替えておいた。

もちろん、可動部にはセラミックグリスを薄く塗布してスムーズに開閉するように。これ、S5シリーズの基本。

これにて一件落着。

, , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now