X-Pro1 and X-Pro2 #1
X-Pro2をお仕事で使う為に借りてきた。もうリリース後だから公開しても大丈夫。

しばらく使ってみたが、持ってみた感じにそれほど違和感は無い。むしろ自然に使える。ただ、デジタル系の操作は増えているので、より現代的な感じに使える。新しいハイブリッドファインダーは洗練されて見やすくなった。これだけでも買いな感じ。AFを始め、全ての応答速度が速くて気持ち良い。唯一撮影後の処理と、カードへの書き込み速度はそれほど速くは思えなかった。そこそこ新しいカードを使っていたんだけれど。量産版のファームウェアで改善されていることを期待。

エントリの続きを読む

, , ,

FUJIFILM PressRelease
FUJIFILMの新製品発表会にちょびっと参加。リークしていた情報通り、X-Pro2を始めとした新製品群の発表。完成度を上げつつ形状は殆ど変わらず。個人的にこのシリーズの固まり感は好きなので、これは嬉しい。全体的な動作が速くなったのと、アナログとデジタルの操作性向上はとても良い感触だった。あと、防滴防塵。

気に入らない点としては、グリップ部がボディと一体化したこと。X-Pro1の時は、グリップ部を外すことができたけれど(要分解)、X-Pro2からはグリップを外すと側面のSDカードスロット蓋部に段差ができてしまい何か変な形状になってしまうこと。まぁ、それくらい。

 

, ,

New Shutter Button Cover

先日交換したシャッターボタンの大きさがやっぱり気に入らなかったので、別の物に交換をしてみた。今度はひとまわり大きくて中央が凹んだタイプのもの。大きさと形状は概ね満足だけれどエッジが立ちすぎていて指に引っかかる。以前よりかは良いけれど、まだ満足できない。やっぱり通販で購入するのには限度があるので、今度は店舗でチェックしてこようと思う。

  

,

Shutter button top cover
以前から使っていたシャッターボタンがいつの間にか外れて無くなってしまったので、代替品としてマップカメラオリジナルのものにした。小ぶりな物が良かったんだけど、装着してみたら想像以上に小さかった…。まだ本格的に使っていないので判断はできないけれど、もうちょっと大きい方が良かったかな。難しいな。

,

Thumb Grip #2

X-Pro1のボディは大きめで重いので、カメラをホールドする補助器具としてサムグリップ(サムレスト)はとても重宝している。メインはmatch Technical ServicesのThumbs Upを愛用しているけれど、先日富士フイルム純正のを入手したので、ちょいと比較。

形状はほぼ同じで、親指の収まりについても純正の方がやや面積が狭いくらい。機能として大きな差は無い。違いは材質による重量。match Technical Servicesのは真鍮製ということもあり約20gと重い。小さなパーツだけど結構ズッシリ。対して富士フイルムはアルミ製で約7g。比較すると約1/3だからとても軽い。当然カメラに装着してもその重量差は歴然。予想外に感じた変化にビックリ。

そう、汎用のサムグリップも安価に発売されているけれど、予算が許せば機種専用品を使った方が良いと思う。見た目の一体感はもちろん、親指の収まる位置がしっかり定まっているので、使い勝手は大きく異なると思う。

  

, , , , ,

Cover Glass Protector
濃い〜ごく一部の所からの熱い熱い要望に応える形で製造が決まった、Leica Mデジタルカメラシリーズ用の液晶保護ガラスプレート。その量産試作品が手元に届いたので、早速M8に貼ってみた。エッジやコーティングも量産品と同等に仕上がっているので、貼った後はツルツルピカピカ。保護ガラスの粘着層が元々の液晶ディスプレイ表面の擦り傷を消してくれるので、新品以上の仕上がりになる。これで汚れも傷も付きにくいので、細かい事は気にせず撮影に集中できるのは素晴らしい。
ちなみに出荷まではもう少し待って頂くようで(年内出荷は間違いないかと)。

, , , , , ,