iPod Classicの修理iPod_Update_2
第六世代のiPod Classic 80GB(MB147J/A)のメンテ。もうバッテリーが2時間程度しか保たなかったり、内蔵ハードディスクの音がちょっと大きくなってきて、たまにシンクロエラーになることがあったのでそろそろ寿命と判断。しかし、これで手放すのにはあまりに惜しいので、巷で良くある改良(改造)を施すことにした。考えて見れば2007年の製品。そりゃ相応に劣化するよね。

実はiPodシリーズの分解は初めて。事前に情報は持っていたのでヘラなどを入手してトライ。やってみると分かるけれど、iPodの修理は分解が9割と言われる理由がとても分かる。裏蓋を開けるまでに2時間近く格闘した…。教訓として「良い道具を揃えておくこと」これに尽きる。相当に手慣れたユーザーじゃないとテレホンカード程度ではなかなか開かないよコレは。

iPod_Update_3
やっとのことで分解したので早速バッテリーをチェック。想像通りパンパンに膨らんだいたので新品に交換。純正はすぐに入手できなかったので互換品を購入。少し容量が増えているらしい。バッテリーを接続するフレキシブルケーブル上に内蔵スピーカー取り付けられているのだけど、ハンダが外れていたので再度ハンダ付け。でもこれ、操作時にクリック音を出すだけだけどね。

iPod_Update_4
元々内蔵されていた1.8インチハードディスクは不要なので除去。代わりにCFカードスロットを増設するための変換ボードを入手し、そこにはCFカードアダプタとSDカードを組合せたものを接続した。このiPodだと容量上限が128GBらしいので、SDカードは128GBを選択。仮組みをしてから通電をして、認識されることをチェックしてから裏蓋を閉じる。

iPod_Update_6
現行品のSDということもあって、応答速度がなかなか速い。今まで聞こえていたHDDの音も無くなって取扱いについてもラフにできるようになった。しかも、バッテリーの保ちが恐ろしく良い。ザックリと連続稼働時間を計ってみたが、50%のボリュームで50時間以上は動いていた様だ。これで当面は使えるので安心だ。改めて良いイヤモニで聴くとiPodの音って良いんだなぁと再発見している。

   

 

, , , , , , , , ,
Trackback

2 comments untill now

  1. JUN OKAWARA @ 2017-11-01 21:33

    古くの記事にコメント失礼いたします。
    twitterでも質問したのですが、バッテリーを接続するフレキシブルケーブル上に内蔵スピーカー取り付けられているのだけどとありますが、どの部分がそこにあたるのでしょうか?
    実はロジックボードが正常に動きますが、クリック音だけがしなくなってしまっているのです。
    ご指導していただければと思います。
    よろしくお願いいたします。

  2. コメントありがとうございます。
    スピーカーが着いている場所はイヤホンジャックユニットの直下のスペースです。具体的にはフレキシブルケーブル上の「LS1」とシルク印刷がされている部分になります。大体がハンダクラックで接触不良になっているだけかので、ハンダごてでハンダ付け部を再タッチをしたり、することで直ります。完全にスピーカーユニットが外れてしまっていることもあります。その場合も同じ用にハンダ付けすることで改善できます。

    スピーカーユニット付近の写真です。

    https://www.flickr.com/photos/shimoken/23878453480/in/photostream/
    https://www.flickr.com/photos/shimoken/24091472691/in/photostream/

Add your comment now