Logicool Mini Boombox TS500が届くMini Boombox TS500 #1

アジャイルメディア・ネットワーク社Fans:Fans内企画で、株式会社ロジクール様よりモニターとしてMini Boombox TS500を頂きました。

さて、この商品を簡単に説明すると携帯型簡易スピーカー。iPod等のポータブルオーディオや、スマートフォンからのオーディオを出力できるもの。接続方法には2種類あって、近距離無線技術のBluetoothと一般的なケーブルによる直接入力。本体サイズは115.5×71.2×57.5(mm)で重量は内蔵バッテリ込みで230gと手のひらサイズ。

昨今のスマートフォンならBluetoothを搭載している機種も多いので、メインはワイヤレス接続だろう。ただし、スマートフォン側のBluetooth ProfileがA2DPとAVRCPに対応していることが必要。最低でもオーディオ信号としてのA2DPは必須。AVRCPにも対応していれば、スピーカー側のコントローラからスマートフォンのオーディオを制御できる。また、スマートフォンに限定されるがハンズフリー通話用のワイヤレススピーカーとマイクとしても使える。なお、この機能を利用するにはさらにHFPまたはHSPのBluetooth Profileが必要となる。

Mini Boombox TS500 #2

使い方は簡単。背面の電源スイッチをONにして、ケーブル接続なら本体背面のAUX(外部入力)端子に3.5mmステレオミニプラグタイプのケーブルを接続。Bluetoothなら機器同士が初めての接続時だけスピーカー本体と接続したい機器をペアリングすれば、2回目からは出力先をMini Boomboxで選択すればOK。

まずはiPhone 4SとiPad2でBluetoothにて接続をしてみたが、機器を選択するだけでパスコードを入力すること無くあっさりとペアリング完了(仮にパスコードを要求されたら0000でOK)。なお、マルチペアリングには対応している様(台数は不明)。ただし、先に接続を確立した方が優先で同時接続はできない。

とりあえず音を出してみると音質はクリアで、ボディの大きさ以上にしっかりしたスケール感がある。聞いていると高域と低域をやや増強したチューニングだと解る(いわゆるラウドネスコントロール?)。ボリュームレベル中間くらいまでは良好だが、音量を大きめにすると高域と低域が結構耳に付く感じになってしまう。まぁ、これに関しては製品の販売価格帯が5,000円台という事を考えれば納得レベル。そう割り切ればむしろ上々な音質とも言える。

そもそも真剣に音楽を聞き込むものではなく、BGMとして気持ちよく音をならす…いわゆるこれが製品名にもなっている「Boombox」と言うところかな(実際Boomboxって大音量を出すラジカセ的な機器に対して言うけれど)。12cmに満たない横幅にステレオスピーカーを配置しているので立体感は少ないけれど、単純なモノラルスピーカーよりかは良い感じ。逆に定位感がない分どこにスピーカーを置いても、そこそこ良い音で音楽が聴けることにこの製品の価値があると思う。

まだ、到着したばかりなのでもうちょっと聞き(使い)込んで、次のエントリをしようと思う。機器のエージングが済めばちょっとは音質も変わるはずだし。

Fans:Fans

, , , , , ,
Trackback

only 1 comment untill now

  1. […] Logicool Mini Boombox TS500が届く […]

Add your comment now