Dual mumber SIM

海外出張で必ず持っていく物のひとつ携帯電話。今では当たり前だけれど、10年くらい前だと現地で使うための電話機本体から準備しないとならなかった訳で。3G時代になってからは日本で使っている端末が海外でもそのまま使える様になったけれど、ローミング料金の壁はあるのは今も変わらず。でも数日程度の短期間滞在ならば、キャリアが提供する海外ローミングサービスでも何とか許せる料金レベルになったのは嬉しいところ。

それでも長期間だとやっぱり割高。なので現地のキャリアを使うのが簡単(SIMロックフリー機が必要ですよ)。今までならば渡航先の空港やキャリアショップ、コンビニでプリペイドのSIMを買っていたが、今は日本のamazonでサクッと買って翌日には手元に届く。これだけ準備しておけば現地に入ってすぐに使い始められるから楽だし、現地でSIMが買えないというトラブルを回避できる。何でも簡単になったね。

, , , ,

iPad mini SIM #2

先日導入したiPad miniセルラー版(ソフトバンク)を海外でもモバイルルータとして使うため、China UnicomのSIMカードを入手した。これまでソフトバンクでのiPadセルラー版は「ドコモだけロック」の状態で、海外のSIMカードはそのまんま使えるというちょっと変わった仕様になっている。なので、持っていったiPad miniはソフトバンク版のままで一切何も手を入れていない物。なお、au版は自分で動作確認をしていないので分からない。悪しからず。

エントリの続きを読む

, , , , , , , ,

SIM Card

台湾の携帯電話回線をひとつ持っていたが、ちょっと放置しすぎて無効になってしまっていた。と、いうわけで再度契約しなおした。番号を変えたくなかったのだが、自分のミスなので仕方ない。

プランはデータ通信を中心としたもの。30分も掛からずに新しい契約は完了。今度はうっかりの無いようにせねば。まぁ、これからちょくちょく出張もあるので大丈夫かな。

, ,