最近関係者の間でもよく持っているUMPC。
機種なんて限られているので、モデルが重なるなんてあたりまえ。多いときは数台が集まってしまう。
そんな訳で、差別化を図ろうと遊んでみた。

Nikon D700 + SIGMA 24mm F1.8 EX DG Macro

ディスプレイ側のカバーにカーボンパターンのステッカーを貼ってみたのだ。もちろんフェイク。これで見た目は数十グラムは軽くなるはずだ(笑)

こんな風にお気軽に遊べるのもUMPCの魅力。

, , , , ,

仕事も流れ始めたので、自分のテリトリーを動き始める。
大阪もそのひとつで、過去にお世話になった方々が多数いらっしゃるところ。そういえば、闘病生活の始まりもここだ。そんな訳で、今回は1泊2日で大阪へやってきた。

降り立った伊丹空港はそのまんまだったが、梅田までバスで出てみると、久々の大阪は再開発が始まったような感じで随分と風景が変わった感じ。地下鉄の移動も解らなくなってしまって、タクシーでの移動となってしまった情けなさ。

打合せは滞りなく終わり、予想外の収穫もあって好感触。あぁ、大阪に来て良かった。明日も上手く行くと良いな。

ちなみに今回の出張は先日構築したacer ASPIRE oneだけで全ての仕事をやっている。スリープが使えないのは相変わらずだが、シャットダウンも再起動も思いの外速いので快適。カバンも軽くて快適。

, , , ,

夕方からスタートした東松山会も午前様。
それもこれもインストールしまくったOS群が、それぞれうまくブートできないだ。

このアタリの話しになると私じゃサッパリなので、某猫氏の登場。処理もしながらで時間もかかるので、懐かしいTVドラマ「俺がハマーだ」の吹き替え版DVDを見ながら作業を進める。

自分なんかやることなくなったので、イー・モバイルのS11HTの修理やっているし。と、いう訳で私の書斎(?)を大公開。普段は片付いているんですよー。念のため。

, , , , , , , , , ,

acer ASPIRE oneにMac OS Xが無事に入ったので、今度はあらかじめパーティションを切って置いた領域に、Ubuntu(ウブントゥ)をインストールしてみた。UbuntuはLinuxディストリビューションのひとつ。最近では、仕事のツールとして使うことも多いので必要だったのだな。

オープンソースのソフトウェアなので、入手は簡単。これもCD-ROMでイメージファイルを作ってやってサクッとインストール完了。必要な物を全部入れても25GBで済むのも嬉しいところ。ちなみにUbuntuだと、無線LANやサウンドも問題なく動作する。

ちなみに左端に小さく移っている怪しい基板モジュールはMac OS Xでも動作するDELLの無線モジュール。だったりする。某猫氏にチェックのため持参してもらった。

, , ,

昨晩セットアップした、Mac OS Xをインストールしたacer ASPIRE oneを半日使ってみて思ったのは、これまでMacBook Airの代わりの大半ができてしまうこと。

ギリギリまでそぎ落としたボディで、制限を持ちながら使うMacだったが、それならばacer ASPIRE oneでも同じじゃないか。それにこっちの方がポート類も充実していて(USB 2.0×3ポート/VGAモニタアウト/10/100Enternetポート、拡張ストレージ用SD(SDHC対応)カードポート/マルチカードポート/サウンド入出力。おまけにバッテリも交換式で拡張できる。

ここまで使ってみて決めた。MacBook Airを手放すことにした。

そして、今日は超強力な助っ人が来るので、彼に助けてもらいながら、このマシンを完成系に持っていくのだ。

, , , ,

まぁ、グレーな部分があるので詳細は書かないが、とりあえずこの手のUMPCで動くらしいMac OS X x10.5.4の特殊イメージファイルを、天下のGoogle様で探してきてDVDに焼いてからインストールしてみた。もちろん既にWindowsなんて陰も形もありまぬ。だって、新品のHDDだし。

エントリの続きを読む

, , , , ,