BERKUT Air pump

電動空気入れのBERKUT SPECIALIST UQ-VL-1000は、その後オートバイと自転車の空気圧管理に使っている。当初から気になっていたのがホースに搭載されている空気圧計の精度。ちょっとズレている様に思えていたので確認してみたら、案の定0.5Bar程高い値を示していた。まぁ、簡易的な道具なので、あまりシビアには考えない。毎回必ず最後には空気圧計でチェック。これ大事。自分はパナレーサーのエアゲージを愛用している。自動車、オートバイ、自転車全て使えるので重宝している(自動車、オートバイ用は最大空気圧が低いので自転車では使えない)。

追記:その後、サポートにこの空気圧計について聞いてみたら「目安」との事。やはり正しい空気圧計での確認は必須だ。

, , , , , ,

BERKUT SPECIALIST UQ-VL-1000
クラウドファンディングのMakuakeで支援していた電動空気入れのBERKUT SPECIALIST UQ-VL-1000が届いた。支援をしてから約3ヶ月なので上々のスピード。これまで廃盤になったBOSCHのエアポンプPAG 14.4Vを修理しながら何とか使っていたが、もう限界だったのでとても嬉しい。

電動のエアポンプはいくつか市販されているが、どれも最大空気圧が5Bar程度と低すぎて使えない物ばかりだった。ロードバイクの細い高圧タイヤに必要な7〜8Barを確保できないものばかりのなかで、BOSCHのエアポンプPAG 14.4Vは最大10Barと素晴らしいスペックだった。今回入手したBERKUT SPECIALIST UQ-VL-1000はやや少ない8Barだが、自分の要求を満たしていたので即座に支援した。また、それだけの性能ながらバッテリー内蔵で超小型にまとまっているいるのも特筆に値する。

早速使ってみたが、動作音がBOSCHよりも静かでエアの圧送量も多い。必要だった7Barくらいまでならば1分掛からず充塡できた(3bar→7Barくらい)。本体もそれほど熱くならないのでポンプやモーターにそれほど負荷の掛からない構造になっているようだ。各エアバルブ部の締付もしっかりしているのでエア漏れは皆無。内蔵しているバッテリー容量から自動車のタイヤの場合は4本だとちょっと辛いが、微調整程度の補充ならなんとかなりそう(メーカーでは自転車/オートバイ用と明記)。

, , , , , ,

いつか出るだろうと思っていたら、やっと出た。eneloopブランドの電動アシスト自転車「eneloop Bike」。

パッと見はごく普通の電動アシスト自転車だが、実は結構凄い。まずは走行しながら充電もしてしまう。これによりアシスト時間はグンとアップ。そしてもうひとつがAWD、つまり2輪駆動なのだ。前かごに荷物が乗ってもふらつかない。雨の時にスリップしずらいなどメリットは多い。

こんどはオートバイを強く希望しますデスよ(計画はあるらしいので期待)。

, , , ,