構想数日、材料集め2週間、製作期間1日のBluetoothブレスレットLM Technologies社のBluetooth Vibrating Braceletのフルモディファイが完了。革の側面のコバ塗料を塗り終わり、現在乾燥待ち。明日には使えるようになる。

トップカバーには本物のドライカーボンの2層シートを貼ってある。見た目と全体を薄くするためだ。それと、薄くしなやかなので、本体スイッチは内蔵にして、本体表面をタッチすると電源コントロールとペアリング操作ができるようにした。センターに0.5mmの穴を空けてあり、そこから控えめにLEDインジケータが光るのも狙い。一般的な製品は光りすぎるのでキライだから。

さてさて、来週には週刊アスキー編集部に持ち込んで評価をしてもらうとするか。

, , , ,

Bluetoothブレスレット、LM Technologies社のBluetooth Vibrating Braceletをカッコ良くするプロジェクト。

厚さ3mmの牛革でベースとなる枠を切り出して各パーツを収めてみる。うむ、入るね。実験としては成功だったので、今度は本番ベースで作り直す。

エントリの続きを読む

, , ,

あいかわらず、Bluetoothブレスレット、LM Technologies社のBluetooth Vibrating Braceletをカッコ良くするプロジェクトは継続している。

先日、目を付けていたリストバンドベルトも今日到着した。あとはこれに乗せるモジュールユニットを製作すれば良い。明日はこのベルトを持って、東急ハンズの革コーナーでちょうど良い、素材を買いあさってくるのだ。

革だけじゃ面白くないので、他の素材も加えるつもり。

, , ,