Wellgo QRD Pedal

新しいシューズで試走していて、ペダルの動きが渋いなと思ってチェックするとクラック発見(汗)即新しいのに交換することに。前回交換してだいたい4,500kmくらい。イマイチ持ちが悪いな。フォールディングバイクなので、今回も台湾Wellgo社のQRD規格のを選択。以前は片面SPDで片面フラットタイプだったが、シューズを変えたので両面SPDにした。小さくてスッキリするし、両面なのでシューズへの装着が簡単だ。QRD規格は新型のQRD2があるが、個人的には初代の規格の方がしっかりしていて好きである。クランクにはQRDアタッチメントが装着されているので、新しいペダルを差し込むだけで交換完了。

 

, , ,

Wellgo pedal

移動の主力手段である初代Birdyくん。主に通勤に使う車両なので、元々そんなにハードな仕様ではない。が、既に10年を越えた車両で、あちらこちらに経年劣化による破損が発生。部品を交換するついでに何かしらやる(カスタムとか)ということにしている。今回はペダルとシューズが滑って危ない目にあったので、ペダルをビンディングペダルに変えてしまうことにした。とはいっても本格ロードな訳じゃ無いから、お手軽仕様でフォールディングバイク用のWellgo QRD-W44B SPDにした。両面使えるペダルで、片面はビンディング。反対側は普通のシューズでも踏める仕様。

このペダル、フォールディングバイク用として、ペダルが容易に着脱できるクイックリリースがついているのだけど、これが変な位置にあるとシューズに干渉して邪魔なので、付属の調整用シムを使って適度なところに調整をする必要がある。クリートはSPD互換なので手持ちのシューズがそのまま使えるのも選択ポイント。しかし、最初のお手軽コンセプトから外れて違う方向に行きつつあるよ…。

, , , , , ,