Unbalance
職場のLUMIX GM1RAYQUALのマウントアダプタを介してAi Nikkor 50mm f/1.2Sを装着してみた。なかなかイカツイ。アンバランスな感じだけれど、コレが意外と持ちやすい。GM1のコンパクトさが台無しではあるけれど、こういうこともできるのはM4/3ならではのものかと。

  

, , , , , , , ,

ZGR-1a cable #1

これからの季節、だんだんと空気が澄んできて星が綺麗に見える。しかし、この時期の夜間撮影は寒い。身体を動かさないから余計に寒い。そういう時はリモコンを使って自動撮影などを行うのだが、そういうリモコンはちと高価。自分の場合は天体撮影の頻度は少ないので見送っていた。

そんな時に知ったのが、iPhoneをカメラのリモコンとして使う「ゼスティアクセサリー」のZGR-1a。カメラのレリーズ操作を実現するものでインターバル撮影も可能となる。また、iPhoneに内蔵のGPSデータをカメラ側に提供してロケーション情報の追加もできる。すなわち、「リモートコードMC-36A」とGPSユニット「GP-1」としての機能を併せ持っているものだ。

エントリの続きを読む

, , ,

RAYQUAL M4/3 Mount Adapter #1

最近はマウントアダプタも一般的(?)になってきて、販売店にも色々な製品が並ぶ様になった。特にサブカメラとしてミラーレス一眼を使っている人は、色々なレンズを装着する例が多く、自分も例に漏れずメインで使っているNikonのレンズをマイクロフォーサーズマウントに変換して使っている。

ただ、最近のレンズはマニュアルの絞りリングが付いていない(NikonではGタイプレンズ)ので、マウントアダプタ経由で取り付けても絞りが使えない。それを解決するために絞りリングをマウントアダプタ側に用意したモデルが発売されているのだが、この手のマウントアダプタは絞りリングのストロークが非常に少なく、とても扱いづらいものだった。自分もその使いづらさから、使わなくなって売却してしまった。

エントリの続きを読む

, , , , , , , , ,

think TANK Photo \"StreetWalker Pro\"

普段カメラバッグは、メッセンジャーバッグをベースとしたスタイルの物を愛用している。バッグを肩に掛けたまま機材の出し入れがしやすいのと、肩に掛けたり降ろしたりという一連の作業が俊敏に行えるから…というのが理由。

しかし、Nikon D3等の重量級の機材を使用している場合や、長時間の撮影と移動が伴う場合は、体の一方に負荷が掛かってしまい撮影の翌日には腰痛になるという困った状態に。そこで最近ではバックパックスタイルのバッグが欲しいなと漠然と考えていた次第。

エントリの続きを読む

, , , ,

Survival

休日出勤の帰り道、例のAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gで撮影しながら駅へ向かう。既に日が落ちて薄暗くなっているが気にせず撮ってみる。もちろん、絞ると光量が足りないのでツラいけれど、開けていけばまだまだ余裕。この辺りは明るいレンズは有利。

エントリの続きを読む

, , , , ,

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

えーっと、新しいレンズ、AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gを発売日に入手(ちょいと色々あって)。

Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8Dも持っているけれど、AF-S化は色々と好都合だし発売前の製品を試した際に、予想よりもAFの焦点もビシッと合うし、速度も速かったので結構気に入っていたのだ。それに、最近はレンズ本体での絞りをマニュアルで使うことも無いに等しいので、道具として割り切った次第。

モーターが内蔵されたことで、ひと回り大きくなって重量はDの155gからGの185gと増えてはいるけど、それでも十分に軽い。あと、フィルター径も52mmから58mmとひとまわり拡大。G系はみんな58mmになるのかな?プラスチックフードも同梱されており、容易に脱着できるようになった。コンパクトさについては仕方がないけれど、ちと残念。

どうしても比較されるf/1.4とは、絞り羽枚数が少なかったりするけど、f/1.8は非球面レンズ採用のお陰か近距離での撮影時に扱いやすいように思える。とにもかくにもこの価格。買っておいて損は無いと思う。ちなみにDの方は売却してG1本にするつもり。

忙しくてまだ試し撮りしていないので、実写は後日。

 

, , , , ,