Dual mumber SIM

海外出張で必ず持っていく物のひとつ携帯電話。今では当たり前だけれど、10年くらい前だと現地で使うための電話機本体から準備しないとならなかった訳で。3G時代になってからは日本で使っている端末が海外でもそのまま使える様になったけれど、ローミング料金の壁はあるのは今も変わらず。でも数日程度の短期間滞在ならば、キャリアが提供する海外ローミングサービスでも何とか許せる料金レベルになったのは嬉しいところ。

それでも長期間だとやっぱり割高。なので現地のキャリアを使うのが簡単(SIMロックフリー機が必要ですよ)。今までならば渡航先の空港やキャリアショップ、コンビニでプリペイドのSIMを買っていたが、今は日本のamazonでサクッと買って翌日には手元に届く。これだけ準備しておけば現地に入ってすぐに使い始められるから楽だし、現地でSIMが買えないというトラブルを回避できる。何でも簡単になったね。

, , , ,

Shanghai airport

帰る日は気温は高いけれど天気の悪い上海。飛行機に搭乗する頃には雨がポロポロと降ってきた。滞在中の雨は初日の少しの間だったから、行動するにはとても良かったけれど、気温が高めだったから服の選定にはちょっと困った。今回の様な天気だともはやTシャツかポロシャツで十分。

帰りはほぼ満席。でも、飛行時間は行きより短いから特に問題無し。帰国したらすぐに花粉症の症状が出るからこの時期の日本はイヤだ。

, ,

Egg Tarte

本場はマカオだけれど、上海龍之夢購物中心の中で売っているエッグタルトは旨い。莉蓮蛋撻餅屋というお店。上海はパン屋も多いので、色々な店でエッグタルトを買ってみたけれど、ここのが一番だった。値段も1個 4RMBでそんなに高価ではない(以前は3.5RMBだった…)。暖かいのを食べるのが良いけれど、ここのは冷えても旨いのがポイント。と、いう訳でメインのエネルギー源として4個買っておく。

, , ,

Many peppers

自分の味覚の対応範囲は広い方だと思っている(アレルギー対象の食品はのぞく)。辛い物についても一般的なレベルであれば大体は大丈夫。今回の上海出張でも現地の友人が夕飯に誘ってくれて食事に行ったのだが、出てきたのは全部辛いのばかり(笑)四川か湖南かは分からないけれど、唐辛子の塊が露骨に見える料理の数々にただ笑うしか無い。↑写真は唐辛子とバラ肉の炒め物。ニンニクの芽っぽい物も混じっているが、野菜は唐辛子メイン

普段なら喜んで食べるのだが、ここのところ体調が良くないので食事が十分にできていない状態。少しだけつまんで、あとは酒で終わりにした。胃腸の調子が良ければ中国での食事は楽しいんだけどね。ここはいつか再チャレンジしたい。

,

Shanghai morning

またまた中国出張中。前回の様な大遅延は無かったものの、飛行機はやっぱり遅れてホテル入りは午前様。やっぱり朝便で午後打合せという予定は、危なくてセッティングできないと思う。

前日までは日本と同じくやたらと暑かったらしい上海も、自分が動き出そうとすれば雨が降り出して、気温は一気に10度に下がって寒い日に。心配な大気汚染も雨のお陰でかなりクリアだと思う。いつもより遠くまで見える(曇っているのは雨のせい)。大気汚染で色々と言われている中国だけど、今の自分にとっては花粉症が治まるので快適だったりして。

これから暫くは移動と会議の連続。気温変動による体調悪化だけは何とか避けたいのう。

 

,

Tianzifang(Monochrome)

打合せの後で時間が空いたのと、地下鉄でちょっとの距離だったのでまたまた田子坊に行ってみた。当日は北風ピューピュー吹いてて体感温度は氷点下。手袋無しでカメラ持つのはもはや拷問。折角来たけれど通りをざっと通過しただけですぐにコーヒーショップへ逃げ込んだ(苦笑)

そんな天気だったけれど、人は多かったなぁ。相変わらずカメラ女子率は高い。革製品のショップにはよさげな手作りバッグがあったので、今度暖かい時にブラブラしたいもんですわ。

 

, , , , , ,