iPhone 6の発売直後に中国へ行った訳だけど、深圳での持ち物チェックは予想通り厳しかった。普段は滅多にやられないカバンの開封→中身チェックはもちろん、ボディチェックまであった。「iPhone持っているか?」なんてあからさまに聞かれるし。こっちも分かっているので「持っているよ」ってiPhone 5を出すのだった…。

週末の中国ではiPhone 6のSIMロックフリー版が超高値で売れるとのことで、日本で買われた大量のiPhone 6が、税関で没収された様で。個人が持っている1〜2台は何も言われないだろうけれど、税申告すらしていないダンボールいっぱいの未開封のiPhone 6は流石に無理だろ…。と中国のTVを見ていて思った。現地で聞いたら、週末特価は定価の3〜4倍だったそうで。新しくて珍しくなければ価値は下がるので、これからどんどん価格は下がるそうで…。現地スタッフ曰く翌週は2倍くらいかな?ということ。香港での入荷数の少なさも原因なので、潤沢に在庫があるようになれば、あっと言う間に普通の価格になるだろう。

, , ,

go to CHINA
新製品の生産立ち上げや、製造工程での確認など現地の方が作業効率が良いので出張なり。

今回は中国の祝日直前ということもあって、理想の便が確保できず。いつもの便はお値段数倍…。お陰でちょっと面倒な旅程になってしまった次第。だからといってスケジュールを変えるほど余裕も無かったから仕方がない。現状できるだけ安い便を使って移動をするのだな。

今は気候の変わり目ということもあって、涼しい日本から暑い中国広東省への移動となる。衣類が少なくて済むので荷物が軽量なのはとても助かる。

, ,

Changping

バストラブルや国境が混んでいたりして、予定よりも時間が掛かりまくって到着した常平(ChangPing)。凄く久しぶりに来たけれど、街並みがキレイになっていて驚いた。走っている車もキレイ。砂埃も少ないし。何より気温が25度で涼しかったのが嬉しかった。そんな感じで移動で終わった1日。

, ,

Go to CHINA

久々に香港へ(到着後すぐに大陸へ移動だけど)。飛行機も久々のキャセイ。直行便でちょうど良い時間帯だとキャセイしか空いていなかったから。飛行機への搭乗までの微妙な長さの時間って、何をするにも中途半端な感じなので、いつもこうして自分が乗る飛行機を撮ってたりする。

, ,

Dual mumber SIM

海外出張で必ず持っていく物のひとつ携帯電話。今では当たり前だけれど、10年くらい前だと現地で使うための電話機本体から準備しないとならなかった訳で。3G時代になってからは日本で使っている端末が海外でもそのまま使える様になったけれど、ローミング料金の壁はあるのは今も変わらず。でも数日程度の短期間滞在ならば、キャリアが提供する海外ローミングサービスでも何とか許せる料金レベルになったのは嬉しいところ。

それでも長期間だとやっぱり割高。なので現地のキャリアを使うのが簡単(SIMロックフリー機が必要ですよ)。今までならば渡航先の空港やキャリアショップ、コンビニでプリペイドのSIMを買っていたが、今は日本のamazonでサクッと買って翌日には手元に届く。これだけ準備しておけば現地に入ってすぐに使い始められるから楽だし、現地でSIMが買えないというトラブルを回避できる。何でも簡単になったね。

, , , ,

Shanghai airport

帰る日は気温は高いけれど天気の悪い上海。飛行機に搭乗する頃には雨がポロポロと降ってきた。滞在中の雨は初日の少しの間だったから、行動するにはとても良かったけれど、気温が高めだったから服の選定にはちょっと困った。今回の様な天気だともはやTシャツかポロシャツで十分。

帰りはほぼ満席。でも、飛行時間は行きより短いから特に問題無し。帰国したらすぐに花粉症の症状が出るからこの時期の日本はイヤだ。

, ,