Motorcycle inspection at Japan

帰国している間に切らしていたオートバイの車検を受けた。完全に切れている状態だったので、自賠責保険に再加入してから仮ナンバーを借りて、あらかじめ予約しておいた時間に試験場へ突撃。整備は常時一通りしてあるので、試験場で必要書類と印紙、証紙を購入。必要事項を記入してから書類チェックをしてもらうと、予定よりスムーズに済んでしまいキャンセル空きのあった午前中のラウンドにまわされた。そんな訳で慌てて検査ラインへ。

試験内容は車体番号と原動機形式の確認。燈火類、ホーン、スリップテスト、スピードメーター誤差テスト。社外フルエキを装着しているので、公認書類チェックと排ガス、騒音測定をして、最大の難関ヘッドライトの光量と光軸試験。ほんの少し光量が少なかったけれどクリア。光軸は問題無し。かくして10分程度で無事にパス。なお、車検って紙の資料が多いので、クリップホルダーがあると資料がバラバラにならなくて便利。試験官も資料を探しやすいし検査印を押しやすいので対応もスムーズ。検査時間の時短になるので必須アイテム。収納場所の無いオートバイでは特に。

備忘録として掛かった費用一覧(2018年4月27日現在)
検査登録印紙 … 400円
審査証紙 … 1,300円
重量税印紙 … 3,800円
自賠責保険(25ヶ月) … 11,780円
合計 17,270円
自分の場合は、仮ナンバー費用で上記金額に、750円が余計に掛かっている。

, , , ,

BMW i8
本日もまたBMWさん。場所を移して会社の近所でもある虎ノ門ヒルズ前へ。こちらでは期間限定でBMW iショウルームがオープンしている。人の少ない時間帯を狙ってお仕事を遂行するよ…。

, ,

BMW M4 #2
お仕事でBMWの某所へ。馴染みの営業さんと雑談をしつつ色々なモデルに乗ったり。ええ、ちゃんと仕事ですよ、本当に。

しかし、M4クーペ(F82)の燃費が驚く程よくてビックリ。回さなければ街中でも10km/Lを越えるなんて(メータ読み)。

,

BMW

自分が物を選ぶ基準は、便利・使いやすいという部分はもちろんだけれど、持っていて嬉しい、使っていて楽しい。という部分も重視する。あと、永く使える。というのも重要。クルマ選びもそんな感じなので最初はしばらく国産車だったが、自分がひねくれ者で付き合った友人らが好き者だらけというのも強く影響して、気が付けば欧州車を多く選んでいる。イギリス、イタリア、フランス、そして今はドイツ。価格は安くは無いけれど、どうせお金を払うならば見合った楽しさを得たいから。国産車だって気に入ったグレードを選択すれば結構な金額になるし。そこで色々と試乗をした結果ここ10年くらいはBMW。新車である必要も無いので公認中古車だけど、サポートは十分なので不満は無い。

どのシリーズもどこから見てもBMWとわかる造りと乗り味が良い。昨今の環境問題などにより構造部に変化は見られるけれど、物作りの考え方や味付けにはブレがない。仕事で他の国産車を運転してから自分のクルマに乗り換える度に、メーカースローガンである「駆け抜ける喜び」を感じている。メルセデスベンツやアウディも運転してみたけれど、今のところ自分の運転のスタイルだとBMWがシックリくる。

,

ODB2-USB Interface

以前からちょっとやってみたかったんだけれど、二の足を踏んでいたというか何と言うか…。でも、やりたいことがあったので思い切って仕入れてみた。色々と準備しないといけないので、実行はもうちょっと先になりそう…。これを自由自在に扱える様になったら面白いだろうなぁ。

, ,

Cigar Charger

その後どうした?というお話もあったので、追加エントリ。

先日導入したシガーチャージャーだけど、今現在まで使っていて何の不具合も発生していない。 って言うか、とても調子が良いので気に入っている。バッテリ残量がほぼ空のiPadを接続しても、100%までキッチリ充電できたし、2本同時接続でも発熱は適切なレベルだった。前席と後席にも同チャージャーを装備しているが、移動時にも手持ちの機器の大半が充電できるというのは心強い。次は車内で使うケーブル類を剪定だな。今はDeffのライト付きのUSBケーブルを使用中。暗い車内で重宝している(写真はちょっと前なのでケーブルが違う)。

  

, , , , , ,