Helmets with Bluetooth Communicator

機材テスト(レビュー記事執筆)のため、タンデムツーリング。行き先は神奈川県秦野市にある、元上司が経営するカフェレストラン。寄り道分も含めて往復で240km。

テストした機材は最近紹介したサインハウス製のBluetoothコムシステム「B+COM」。複数チャンネルに対応したBluetoothコアがあるので、車載ナビとiPhoneをペアリング。もちろん、ペアの機材もBluetoothで接続可能だ。

以前からタンデムツーリング用にKtelのユニットを使っていたが、有線接続なので結構不便。乗り降りには神経を使う。対してこれはワイヤレス。Bluetooth Class 1規格なので直線距離で約100mは届く。障害物が無い場所であれば、それ以上でも大丈夫なようだ。バイクに乗る前でヘルメットを被った状態でも普通に会話ができるのが良い。

ワイヤレスなので、有線のようなノイズレスのクリアな音声は望めないが、特に気にすることなく会話ができる。ウインドノイズが気になるのは有線でも同じ。十分に使えることを確認した。

※その他の写真はflickr

, ,

b+com

コラムを書くために試験運用中。

これはサインハウス製のBluetoothコムシステムのB+COM。3チャンネルのBluetoothコアを持ち、携帯電話やオーディオ機器、ナビや無線機などと組み合わせて活用できる。また、同機種間での通話も可能。

エントリの続きを読む

, ,

20090218_dell_wasabi

DELLからポータブルプリンタ「Wasabi」が登場。なぜこの名前なのかは不明。

これは、PolaroidのPoGoと同じエンジンを使った製品。Zero Inkを使った専用ペーパーで、お手軽に出力できるのだ。しかも、インターフェースが、USB(PictBridge対応)とBluetooth(OPP)に対応しているのが良い。

以前から興味はあったけど、買わずにいた。金額が微妙だったから。今回DELLから発売されたWasabiはPoGoよりもちょっと安い。たぶん、筐体にアルミを使わず樹脂系のパーツを使ったからかな?

個人的にはPolaroidのデザインが好きなので、今回のリリースで値下げをしてくれると良いなぁと思っている次第。

, , , , ,

20090113_polaroid-pogo

随分遅れたが、店頭でPolaroidのPoGoを触って、出力も見てきた。

想像以上に良い感じ。何よりもBluetoothにも対応しているのが素晴らしい。OPPに対応していれば大丈夫みたいだ。もちろん、PictBridgeにも対応しているので、対応機器どうしならばケーブルでの出力もできる。上記のプレス写真もNokia N82で何ともプレッシャーを感じる(笑)

気に入ったのは出力や出力方式だけじゃなくて、プリンタ本体の質感もしっかりしていること。アルミニウム製で頑丈なボディは持ち出しても安心だ。リチャージブル・バッテリーを内蔵しているので、スッキリしているのも良い。

米Polaroidが連邦破産法チャプター11を申請したことは記憶に新しいが、日本法人は大丈夫らしいので、ちょっとお小遣いを貯めて買ってみたいと思う。

 

, ,

20090112_bracelet_fix

やることがあって忙しいときに限って、こういう息抜きがしたくなるのはなぜ?

ってことで、Bluetoothブレスレットを完成させてしまった。

トップにはやっぱりドライカーボンの2層シートを貼った。ちゃんとLEDインジケータ用のホールも小さく開けてある。目立つのはキライ。

側面はコバ用の塗料で仕上げてちゃんと使えるようにしてある。前の作品よりスッキリしたかな。

, , , ,

20090112_bt_bracelet

随分と日が開いてしまったが、残りの1個の制作に入った。

今度はベルトと一体式。厚みを稼ぐため、上下に薄い皮を貼ってある。

トップは前回と同じくドライカーボンの2層シートで固定する予定。それだと型くずれしなくて良いのだ。Rもキレイに出るし。

今週末には週アスの編集部に持っていかねば。

, , , ,