DanDan Noodle
日本-香港への移動には、だいたいCathayPacificを利用している。機内では食事もあるけれどメニューがワンパターンですっかり飽きてしまい、最近は機内食は食べない。そんな訳で搭乗する前にあらかじめ食事を済ませておくことになるが、香港だとPriorityPassラウンジかCathayのラウンジを利用することが多い。そこそこ有名な話ではあるがCathayのラウンジで頂ける麺類はどれも美味しくて量も少なめで嬉しい。写真は担々麺。ここで軽く食事を済ませておけば機内で食事に邪魔されず仕事もできるので助かっている。

対して、日本の成田のCathayラウンジはしょぼすぎて残念。せめて羽田並にして欲しいなぁと切望。

, , , , ,

Shenzhen
10月1日からの国慶節前は、毎度の様に仕事がバタバタする。そんななかAppleの新製品発表があるし、他メーカーの新製品もいくつか予定されている。それでいて今年は香港の件もあって、さらに建国70周年の記念年ということもあってもうメタメタ。

そんな状態だけれど街の中は意外と静かで、国慶節に向けて道路に掲げてある旗が新しくなり、周辺の街路樹が剪定されて道路も綺麗に清掃されるなど細かな部分だけれど準備は進んでいる程度。しかし、見えない部分ではネットの規制がより厳しくなってVPNもほとんど塞がれ、通っているところもスループットはガタ落ちという状態。そんな中だけれど、仕事を粛々と進めて国慶節を前にいったん中国を脱出するのでございます。

, ,

Airport at Haneda
この時期になると旧正月で製造の止まる製造拠点への対応で忙しくなる。今年は自分の担当する案件がこの時期に重なってしまい、現地にて確認する必要があったため久々に中国へ行くことになった。今回は深圳を中心とした地域なので比較的移動は楽。香港からはMTRで羅湖まで行き、歩いてサクッと大陸へ移動。そのまま大陸側の羅湖まで出て深圳一号線という電車での移動。

自分でも意外だったのだが、実はこの方法で入ったのは初めて。いつも結構奥の方へ行っていたので、バスかフェリーのパターンが多かった。電車はある程度時間が読めるから良いねぇ。

, ,

Grilled oyster of Changping style
常平滞在最終日は、工場のメンバーとローカルフードを食べに行った。とはいえ、この時午前1時半!なぜなら工場での仕事が終わらず、12時過ぎまで気合い入れて仕事していたから。これまで1週間頑張って皆疲れていたし、中国は翌週末から国慶節で連休。だから、スタミナが付く物にしよう!とそういう店を選んだらしい。

一品目は焼き牡蠣のニンニク乗せ。ニンニクは軽く味付けと火を通してあるからそのまま食べる…ウンマイです。青島ビールとのセットは最強。

エントリの続きを読む

, , , ,

Japanese IZAKAYA Restaurantバタバタと忙しく、夕飯時は独りだったので適当なお店を探して常平の街をブラブラ。たまには日本料理に行ってみるか…と思って、たまたま見つけた日本人がオーナーらしき居酒屋へ。入ると「イラシャイマセー」という、どこぞのパブの様な挨拶(笑)店内でのコミュニケーションからメニューなど全部日本語対応可。店内には日本人も数多く見受けられる。メニューをざっと見て、トマトと牛カツをオーダー。あと日本酒。合計で145RMBと結構取られた。近所の適当な飯屋だと青島ビール(瓶)と合わせても50〜70RMB程度だから、ちょっと高級な部類。味の差が出にくいメニューをオーダーしたので、普通に美味しく頂いた。

, , ,

iPhone 6の発売直後に中国へ行った訳だけど、深圳での持ち物チェックは予想通り厳しかった。普段は滅多にやられないカバンの開封→中身チェックはもちろん、ボディチェックまであった。「iPhone持っているか?」なんてあからさまに聞かれるし。こっちも分かっているので「持っているよ」ってiPhone 5を出すのだった…。

週末の中国ではiPhone 6のSIMロックフリー版が超高値で売れるとのことで、日本で買われた大量のiPhone 6が、税関で没収された様で。個人が持っている1〜2台は何も言われないだろうけれど、税申告すらしていないダンボールいっぱいの未開封のiPhone 6は流石に無理だろ…。と中国のTVを見ていて思った。現地で聞いたら、週末特価は定価の3〜4倍だったそうで。新しくて珍しくなければ価値は下がるので、これからどんどん価格は下がるそうで…。現地スタッフ曰く翌週は2倍くらいかな?ということ。香港での入荷数の少なさも原因なので、潤沢に在庫があるようになれば、あっと言う間に普通の価格になるだろう。

, , ,