常平ローカル?料理を喰らうGrilled oyster of Changping style
常平滞在最終日は、工場のメンバーとローカルフードを食べに行った。とはいえ、この時午前1時半!なぜなら工場での仕事が終わらず、12時過ぎまで気合い入れて仕事していたから。これまで1週間頑張って皆疲れていたし、中国は翌週末から国慶節で連休。だから、スタミナが付く物にしよう!とそういう店を選んだらしい。

一品目は焼き牡蠣のニンニク乗せ。ニンニクは軽く味付けと火を通してあるからそのまま食べる…ウンマイです。青島ビールとのセットは最強。

Energy food of Changping style
次は串盛り合わせなのだが、滋養強壮メインの取り合わせ。全部ニンニクと香辛料が効いていてコレもウンマイ。手前の油揚げはニンニク+何かのタレに漬けたのを焼いたらしい。

Fried vegetable
中国だと定番の葉物。種類は忘れたけれど、強火で短時間サッと炒められているから食感が良い。やっぱりコレもニンニクの量が凄いけれどウンマイ。

Grilled eggplant on the garlic
焼き茄子にも大量のニンニク。写真は食べかけで既にニンニクを除去(食べた)後。実際は山盛りのニンニクだった。食べていて気が付いたけれど、これらに乗っているニンニクって、最初に食べた牡蠣の上に乗っているものと同じ。要は全部同じニンニク乗せってこと。

Fried leeks
現地のエンジニアは「これが一番ダヨー」とニラを推していた。他にも秋刀魚を焼いた物とかにも同じニンニクが乗っていた。

そうか、常平はこれが定番なのか?(多分違う)と、考えつつホテルに戻ったのは3時過ぎだった。4時半には出発だから寝たら起きられない。臭い消しのコーヒー牛乳やガムを買って帰った。

, , , ,
Trackback

no comment untill now

Add your comment now