BERKUT Air pump

電動空気入れのBERKUT SPECIALIST UQ-VL-1000は、その後オートバイと自転車の空気圧管理に使っている。当初から気になっていたのがホースに搭載されている空気圧計の精度。ちょっとズレている様に思えていたので確認してみたら、案の定0.5Bar程高い値を示していた。まぁ、簡易的な道具なので、あまりシビアには考えない。毎回必ず最後には空気圧計でチェック。これ大事。自分はパナレーサーのエアゲージを愛用している。自動車、オートバイ、自転車全て使えるので重宝している(自動車、オートバイ用は最大空気圧が低いので自転車では使えない)。

追記:その後、サポートにこの空気圧計について聞いてみたら「目安」との事。やはり正しい空気圧計での確認は必須だ。

, , , , , ,

BERKUT SPECIALIST UQ-VL-1000
クラウドファンディングのMakuakeで支援していた電動空気入れのBERKUT SPECIALIST UQ-VL-1000が届いた。支援をしてから約3ヶ月なので上々のスピード。これまで廃盤になったBOSCHのエアポンプPAG 14.4Vを修理しながら何とか使っていたが、もう限界だったのでとても嬉しい。

電動のエアポンプはいくつか市販されているが、どれも最大空気圧が5Bar程度と低すぎて使えない物ばかりだった。ロードバイクの細い高圧タイヤに必要な7〜8Barを確保できないものばかりのなかで、BOSCHのエアポンプPAG 14.4Vは最大10Barと素晴らしいスペックだった。今回入手したBERKUT SPECIALIST UQ-VL-1000はやや少ない8Barだが、自分の要求を満たしていたので即座に支援した。また、それだけの性能ながらバッテリー内蔵で超小型にまとまっているいるのも特筆に値する。

早速使ってみたが、動作音がBOSCHよりも静かでエアの圧送量も多い。必要だった7Barくらいまでならば1分掛からず充塡できた(3bar→7Barくらい)。本体もそれほど熱くならないのでポンプやモーターにそれほど負荷の掛からない構造になっているようだ。各エアバルブ部の締付もしっかりしているのでエア漏れは皆無。内蔵しているバッテリー容量から自動車のタイヤの場合は4本だとちょっと辛いが、微調整程度の補充ならなんとかなりそう(メーカーでは自転車/オートバイ用と明記)。

, , , , , ,

Repair of fan

猛暑の中で酷使した扇風機の首振り機能が動かなくなった。常に定位置だと色々と困るので修理することにした。分解してみると、首振り用のギアモーター出力に固定されているはずのクランクアームが外れていたので再装着。外れた原因はシャフトとクランクを固定している割ピンが抜けていただけ。ピン周辺はしっかりと脱脂したので、しばらくは大丈夫だと思う。

Sony XBA-A2
仕事でハイレゾ機器の確認などをする機会が多いわりには、ハイレゾ対応と言われるイヤホン持っていなかったりしたので買ってみた。いきなり高級機も何なので、まぁそこそこという所を狙ってみる。これまでダイナミック型ばかり使っていたから今回はBAユニットを選択肢に入れて、専門店にて色々と聴いてみた。

ザックリと聴いてみて、ソニーのXBAシリーズの新型が値段の割りには幅広く音が出ていたので中間グレードのXBA-A2を購入。これはダイナミック1機にBAが2機搭載されたハイブリッド構成。そういえば以前にAudioflyのAF140を試聴した時に印象良かったな…と思い出したけれど、これも同じ構成だった。BAだけだと何か硬い感じなんだな。

聴き始めはキンキンのカッチカチの音。ちょっとしんどい。その中でも聴いていると確かに帯域は広い感じがする。低音もちゃんと質感がある。しんどい感じは馴らし(エージング)が終わるまでの辛抱。まだ判断出来ないけれど、このイヤホン、恐らく音が良いと言うよりも、色んな帯域の音が聞こえる類の様な気がするけれどどうだろう?

  

, , , , , , , ,

rotring 600/2mm
仕事で使っていたステッドラーの芯ホルダーが壊れてしまったので、新しいホルダーを購入。今度はロットリングにしてみた。デザインが好きな600シリーズなのだが、この芯ホルダーは造りがちょっと残念な感じ。ローレットが荒いし重量感もない。内部部品も何か安っぽい。買うなら800シリーズの方が良かったかな?

   

,

Free gift
体調がイマイチということもあり、外出は止めて片付けなど。見本誌が山になっていたので、チェックして必要な物は裁断して電子化。付録も沢山で本当に色々。写真はDIME最新号の付録でロディアのメモパッドNo.11サイズ(DIMEオリジナル版)。お店で買えば通常の物で1冊200円くらいかと。この手の文具はまとめて買うと驚く程安くなるので気に入ったら、職場や友人知人と合わせて購入するのがオススメ。
No.11というサイズは携帯メモとして使いやすくて愛用している。自分の場合は以前から贔屓にしているThinking Power Notebookのトランプを使っている。こちらもNo.11と同一サイズなのでケースやホルダー類が兼用できる。インクのりと方眼の濃さがいいのよ。

 

, ,